昆虫の雑学 生き物の雑学

ホタルは光っているのに熱くならないのはなぜか?

5月頃になると姿をあらわし始める蛍(ホタル)、夕方から夜にかけて黄色く光る姿は多くの人を魅了します。

 

そんなホタルですが、世界で約2000種、日本では約30種が発見されています。

 

日本で最も親しまれているのは、ゲンジボタルとヘイケボタルです。

 

両者とも、日本の各地で見られ、幼虫にも、さなぎにも発光器があります。

 

夜通し光っているホタルですが、体は熱くならないのでしょうか?

 

コラム君
どーもコラム君です!毎年嫁の実家の山奥へホタルを見に行ってます。何匹か触ってみたけど熱いとは感じなかったですが…

 

SPONSORED LINK

ホタルの光のヒミツ

光をつけた後の蛍光灯は触ると熱いので「発光=熱い」というイメージを持っているかと思います。

 

英語でも「firefly ファイヤーフライ」と書く為、火の熱さを連想してしまいます。

 

しかしこの地球上では光がすべて熱によって生じるとはかぎりません。

 

ホタルの光は、熱によるものではなく、生物発光によるものなのです。

 

ぜんぜん熱くない!

 

ホタルは、お尻を光らせているように見えますが、発光器は腹部にあります。

 

発光器は透明な表皮、発光細胞からなる発光組織、その奥の反射層から成っていて、発光組織には神経と気管が縦横に走っています。

 

発光細胞では、ルシフェリンという発光物質が作られます。

 

これに、アデノシン三リン酸(ATP)とマグネシウムが作用すると、アデニルルシフェリンという中間代謝物ができます。

 

それが空気中の酸素によって酸化されて、黄色い光を放ちます。

コラム君
なんか意味わからないからさらっと流そう...

 

この酸化が起こるときには、ルシフェラーゼという酵素が触媒として働いています。

 

このように、ホタルの光は完全な化学反応によって発する、熱を伴わない冷光という現象なのです。

 

蛍のお見合いパーティや~(彦摩呂風)

隠れコラム「ホタルよりホテルの方が熱くなれるぜ」

化学エネルギーが光エネルギーに変換し、エネルギーのほとんどが光に変わるので、熱は発生しません。

 

だから、ホタルは熱くはないし、光り続けてもヤケドしません。
隠れコラム「俺に惚れたらヤケドするぜ」

結論

ホタルは生物発光なので熱くならない

 

コラム君
最近はホタルを見ようと遠く遠くの田舎まで移動するとか。人間の方が熱くなってるね!最後までお読みいただきありがとうございました!

-昆虫の雑学, 生き物の雑学

© 2020 ゆるコラム Powered by AFFINGER5