動物の雑学 生活の雑学

昔はウグイスのフンが洗濯洗剤だった?

日常的に使っている洗濯洗剤ですが、油汚れや泥汚れまでキレイに落ちて感心する事ありますよね?

 

アタック」や「ボールド」などといった洗濯洗剤はCMでもおなじみで、洗濯後の真っ白になったシャツに爽快感を得ますよね!

 

バイオテクノロジーで生まれた酵素洗剤は最近の発明の様にCMでも宣伝されていますが、実は1000年以上も前から酵素洗剤のように使われていた驚きのものがあるのです。

 

驚きの白さ!その秘密は!?

 

その正体が「ウグイスのフン」との事なのですが、いったいどういう事なのでしょうか?

 

コラム君
どーも!コラム君です!フンで洗濯したらもっと汚れるじゃないの。そもそもフンを触るのが嫌なんだけど・・・

 

ウグイスのフンで衣服のしみ抜き?

今から1000年以上前、朝鮮ではウグイスのふんで衣服のしみ抜きをしていました。

 

ウグイスのフンを使っていた理由は、フンの中に含まれるたんぱく質分解酵素が汚れをきれいに落としてくれるからでした。

 

そのタンパク質分解酵素は「プロテアーゼ」という物で、現代の洗濯洗剤にも使われています。

 

ウグイスのフンなんかに負けてられねーぜ!

 

朝鮮で使われていたウグイスのフンによるしみ抜きですが、日本にも平安時代に伝わりました。

 

顔のしみ抜きやニキビ治療にも利用?

日本では衣類のしみ抜き以外にも顔のしみ抜きにも使われていたそうです・・・。

 

コラム君
フンを顔に塗るの?逆に病気になりそうw

 

ニキビの治療にも使われていたそうですが、ウグイスのフンを粉末にしたものを塗って治療したそうです。

 

これ、逆に綺麗にできるパターン?

 

現代でもウグイスのフンの美顔効果を意識させるような洗顔料が販売されています。

 

コラム君
ちなみにアメリカでは100年以上前に軍服のシミ抜きに自分の唾液を使えという教えがあったそうです。唾液中の酵素「アミラーゼ」の働きでシミ取り効果を期待したものでした。

隠れコラム「汚したらツバつけときゃ治ると日本では言われていいますよね。ツバって口から出るとマジで臭いですよねw」

結論

ウグイスのフンは衣類のシミ取りに効果的だった!

 

コラム君
昔はウグイスを飼っていたのかもしれませんが、フンを集めるの大変だったでしょうね。ホーホケキョと聞こえたら捕まえに行ってたのかも?最後までお読みいただきありがとうございました!

-動物の雑学, 生活の雑学

© 2021 雑学ゆるコラム Powered by AFFINGER5