生活の雑学

香水にはオナラのにおいの成分が入っている!

デートで良い印象を与えるため、体臭をごまかすため、毎日つける香水を変えて気分をリフレッシュして…と、様々な使われ方をしている香水。

 

香水ってとても良い香りですが、実はオナラのにおいの成分が含まれていたってご存知ですか?(※含まれない香水もあります)

 

コラム君
どーもコラム君です!僕も今の嫁が彼女だった時は気合を入れて香水を付けてました。オナラをまとってたって事?

 

SPONSORED LINK

香水に入っているオナラの主成分

オナラのにおいを語るのもどうかと思いますが、クサい時は吐き気を催すくらいクサいですよね?

 

何かが腐ったような、それでいてどことなくクセになるようなあのニオイの元は「インドール」と「スカトール」です。
隠れコラム「セクシービデオでスカト○系てあるけどスカトールが由来?」

一般的な香水の中にはこの「インドール」と「スカトール」が微量ながら含まれています。

 

微量なのでなかなか感じられないかもしれませんが、ちゃんと入っています。

 

含有量が増えるとオナラ臭いだけになって、嫌な感じを与えてしまいますが...

 

人間の嗅覚は鋭敏ではない

人間は、鼻の中の最上部の粘膜に分布している細胞によって、においを感じとっています。

 

また、この細胞は、鼻の中の粘膜に左右均等には分布していないといわれています。

 

さらに、左右両方の鼻を同じ強さの同じにおいで刺激しても、それぞれ異なるにおいに感じる人もいるそうですから、人間の嗅覚はあまり性能が良いとはいえないようです。

 

それゆえに、オナラと同じ成分を微量だけ香水に混ぜてもよっぽど鼻が効く人でない限り分からないのです。

 

クサい!人間はこんニャのよく付けるニャ~!

 

もちろん、そのインドールやスカトールの含有率が高くなれば、それだけオナラのにおいに近くなってしまいますが、濃度が非常に低い状態では、言うなれば「かくし味」に似た作用をして、香水の香りをよりよいものにします。

 

コラム君
ラーメンのダシの様な働きなんだね。オナラダシ!

 

オナラのにおいは人間が産まれた時から嗅ぎ慣れているにおいです。

 

そして、本能に訴えかけるにおいでもあります。

 

香水を嗅ぐと良い匂いだと感じますが、同時に、体の底から何かが湧き上がる感じもあります。

 

きっとオナラが良いダシになっていたのでしょう…

 

ちなみにジャスミンの香りを香水にするには、そこにインドールを2・5パーセントほど加えるのが秘訣だそうです。

 

SPONSORED LINK

結論

香水にはオナラと同じニオイ成分「インドール」と「スカトール」が含まれていた!

 

コラム君
先日オナラをしたら、近くにいた子供たちが全員逃げました。ソーシャルディスタンス!最後までお読みいただきありがとうございました。
参考
男性を魅惑する香りはマッコウクジラから取れる?

あなたは異性から香るニオイにドキッ!とした経験はありませんか?   手から香る石鹸のかおり、すれ違いざまに香るシャンプーのかおり、香水のかおりなど、自分の好みの香りに出会うと「あ、この香り好 ...

続きを見る

-生活の雑学

© 2020 ゆるコラム Powered by AFFINGER5