健康の雑学 生活の雑学

マスクでウイルスは防げないけれど・・・

風邪をひいたり花粉症の対策として着用するマスク。

 

この記事を執筆している2020年にはコロナウイルスが大流行し、マスクの需要は非常に高く、入手困難が続いています。

 

街では予防のためにマスクをつける人が圧倒的に目立つようになりました。

 

しかし、予防のためのマスクはウイルスを防げない事はご存じでしょうか?

 

コラム君
どーもコラム君です!マスク着用でかなり息苦しくなるのでウイルスを防げると思っていたのですが・・・

 

SPONSORED LINK

ウイルスはマスクを貫通する

マスクを着用すると息苦しく、空気だけを通して他の菌やウイルスは通さないイメージがありましたが違っていました。

 

一般的なマスクの網目は5マイクロメートル程度ですが、インフルエンザウイルスは0.1マイクロメートル、コロナウイルスは0.02マイクロメートルと非常に小さいです。

マスクの隙間とウイルスのサイズ

・通常の不織布マスクの隙間 5 μm (0.000 005 mm)

・インフルエンザウイルス 0.1 μm (0.000 000 1 mm)

・コロナウイルス 0.02μm  (0.000 000 02 mm)

ウイルスは小さすぎてマスクの網目を簡単にすり抜けます。

 

インフルエンザウイルスをサッカーボールに例えると、マスクの網目の隙間がサッカーコート1面分くらいの広さですので、ウイルスは容易にすり抜けられます。

マスクの意味ってあるのかな?

しかもインフルエンザをサッカーボールとすると、コロナウイルスはピンポン玉くらいでしょうか。小さいですね!

 

マスクは何のために着用するのか?

ウイルスが貫通するのにマスクを着用するのはなぜか?

 

それは主に「感染者が他人に菌・ウイルスを移さないため」です。

 

ウイルスは咳やくしゃみの飛沫に含まれているのですが、マスクはその飛沫を遮断することができます。

 

先程説明したように、ウイルスはマスクの隙間を通ってしまいますが、くしゃみや咳などで口から飛んだウイルス混じりの飛沫はマスクで抑える事が出来ます。

 

つまり、ウイルスが他の人に向かって飛んでいって「飛沫感染」を起こしたり、手や物について「接触感染」を起こす事を防ぎます。

 

アベノマスク、もう使った?

 

また、マスク着用により口腔内の湿度が高くなりますのでノドの繊毛運動を促進し、防御機能が高くなるメリットがあります。

 

SPONSORED LINK

マスク着用の習慣について

日本をはじめとするアジア圏では風邪などの予防で以前からマスクを着用してきました。

 

ですがアジアをのぞいて海外では風邪の予防などの為にマスクをする習慣はほとんどありません。

 

初期のコロナウイルス流行時でもアメリカではマスク着用を拒んでいたぐらいです。

 

現在ではマスクの効果が注目され、欧米諸国でも着用が当たり前となってきました。

隠れコラム「犬もコロナに感染しました。犬用マスクってあるのかな?」

結論

ウイルス対策にマスクは効果が期待できる!

 

コラム君
みんなでコロナを乗り越えましょう!最後までお読みいただきありがとうございました!

-健康の雑学, 生活の雑学

© 2020 雑学ゆるコラム Powered by AFFINGER5