食べ物の雑学

ピザハットのハットは帽子ではない?

ピザハットといえば、世界の100の国と地域に1万6000店舗以上出店している世界最大のピザチェーンですが、あなたはピザハットの「ハット」を帽子だと思ってはいないでしょうか?

 

ロゴマークを見てもツバの広い帽子が描かれているように見えますが、実は帽子は全く関係ありません。

HPより引用

それでは「ハット」とは何を意味するのでしょうか?

 

コラム君
どーも、コラムです!ピザハットは僕が人間だったころよく注文してました。帽子のハットじゃないんですね…

 

SPONSORED LINK

ピザハットの成り立ち

HPより引用

 

ピザハットの1号店は1958年にアメリカのカンザス州で誕生しました。

 

創業者はフランク・カーニーとダン・カーニーという名前の兄弟です。

 

フランクとダンは、当時都市部で人気となっていたピザに着目し、ピザ屋を開くことにしました。

ピザハットが一番美味しくて好き!

しかし、看板が小さかったため8文字しか入らず、「Pizza」と入れると残り3文字しか看板に書けませんでした。

 

フランクとダンは店名を決めるのにとても悩みましたが、小さい店舗の形が山小屋に似ていることから、小屋を意味する「hut」を加えて「Pizza Hut」としました。

 

そして現在のロゴマークも、山小屋の屋根をイメージしたものになっています。

隠れコラム「ハットが小屋なんて誰も分からないよw」

なお、帽子は英語で「hat」といいます。

 

日本語では発音を区別できず、ロゴマークもたまたま帽子に似ていたので、このような誤解が生まれてしまったのです。

 

ツイッターでのエピソード

ピザハットの「ハット」が小屋とは認識されず、帽子と認識されていたため、イエローハットさんがコラボを持ち掛けるも・・・??

 

8月10日は「ハットの日(帽子の意味で)」にするつもりが・・・

 

このやり取りはTwitter上でバズりましたww

 

SPONSORED LINK

結論

ピザハットのハットは小屋を意味するハット!

 

コラム君
トシちゃんはハットしてグッときてたね。最後までお読みいただきありがとうございました!

-食べ物の雑学

© 2020 ゆるコラム Powered by AFFINGER5