スポーツの雑学

サンドバッグの中に砂は入っていないよ?

投稿日:

ボクシングのトレーニングといえばランニングや縄跳び、サンドバッグ打ちなどが有名ですが、そのサンドバッグの中身は実は砂ではありませんでした!

サンドバッグなのに砂じゃない?じゃあ中身は何でしょうか・・・?

 

コラム君
ど~もコラム君です!サンドバッグに浮かんで消える~・・・なんて歌いだしの曲もありますが、そのサンドバッグの中身は色々な素材でできていました

 

SPONSORED LINK

サンドバッグの中身はこれだ!

サンドバックの中身は、フエルトやメリヤス、ナイロンやスポンジなどで砂は1粒も入っていません

 

日本にサンドバックが入ってきた時、サンドバッグの中身は自分たちで詰め込んで完成させるものでした。

そこで砂を詰めてみたもののいざ使ってみると砂は底にたまってしまうので、サンドバッグが硬くなりボクサーが拳を痛めてしまったそうです。

アニメや漫画などでボクサーがサンドバックに物凄いパンチをして、破れたサンドバッグの中から砂がこぼれるシーンがありますがあれはです。

隠れコラム「あれ片づけるの大変だと思ってたよ。ウソなのねw」

サンドバッグの由来

1920年代にボクシングが日本に伝わってきた際、当時のボクシング練習生がバッグに何を詰めて良いか分からず、砂を詰めて練習していた名残で現在もサンドバッグという名称が残っているそうです。

実はサンドバッグという名称を使用しているのは日本だけです。

ちなみにサンドバッグは近代ボクシング発祥後、イギリスから船乗り達によって世界各地へ広められました。

 

イギリスの船乗りたちは、大好きなボクシングを船旅の間も出来るようにと、常にサンドバッグを持ち込んでいたのです。

 

この慣習がヨーロッパ各国の船乗りたちにも広まり、やがて世界へと広まりました。

結論

サンドバッグの中身はフェルトメリヤスナイロンスポンジ

 

コラム君
ボクシング協会、山根元会長もビックリだね!最後までお読みいただきありがとうございました!

-スポーツの雑学

Copyright© ゆるコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.