生活の雑学 飲み物の雑学

ドリンクバーの原価、お教えします!

更新日:

ファミリーレストランや漫画喫茶でおなじみの「ドリンクバー」

 

数百円で何杯飲んでも良いシステムですが、お店は元が取れるのでしょうか?

 

早速調査してみました!

 

コラム君
ど~もコラム君です!コーラとカルピスを混ぜるのが好きです!ドリンクバーの原価はどうなっているのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

ドリンクバーの原価

飲み放題のドリンクバー、またはドリンクバイキングは、現在どのファミリーレストランチェーンでも設置していると思います。

 

値段は大体200円から300円程度に設定されているので、喫茶店でジュースを飲むことを考えれば3~4杯も飲めば、十分に元が取れた気になるかもしれませんね。

 

ところがこのドリンクバーが曲者なのです。

 

ドリンクバーの飲み物の原価は、どのドリンクも1杯につき5円から10円程度

なんと、10杯飲んでも元は取れないようになっています。

隠れコラム「ぼったくりやないかい!」

ドリンクバーにコーヒーが含まれている場合は多少原価は高くなるようですが、コーヒーだけで10杯も飲んだらカフェイン中毒になってしまいます。

 

子供たちはドリンクバーが大好きで、何回もおかわりに行ったり、ジュースを色々混ぜて楽しんだりしています。

 

それでも、原価が5円からなので10杯飲んでも元は全然取れません。せいぜい4~5杯でお腹がいっぱいになると思います。

 

ドリンク1杯の約9割が水?

ドリンクバーの飲み物はコーラもジュースもウーロン茶も、原液と水とをその場で混合させる方式になっています。

 

コップに入れられる飲み物の8割が水で、そこに氷が入るので、9割は水と考えていいでしょう。

隠れコラム「もうドリンクバー頼まない!かも」

しかもお客様はセルフサービスでコップを自分で運び、自分で注いで席に持って帰るので、人件費はほとんどかかりません。

 

ドリンクバーがあるからと来店するお客さんも少なくないので、ドリンクバーは店にとって原価も人件費もほとんどかからない、人気商品としてかなり貢献度が高いです。

 

ドリンクバー半額クーポンを常に提供しているチェーン店もありますが、半額割引でも十分元が取れます。

最近ではティーバックを何種類か用意して、様々なフレーバーの紅茶を楽しめるチェーン店もあります。

 

このティーバックの原価は8円から10円なので、他のジュースに比べると多少満足度が高くなると思います。

 

元をとるならティーバックで20杯がおススメです・・・ってそれもしんどいですね(汗)

 

SPONSORED LINK

結論

ドリンクバーの原価は超安いので、場所代込みと考えましょう!

 

コラム君
夜の街の飲み物はもっと高いけど原価は・・・最後までお読みいただきありがとうございました!

-生活の雑学, 飲み物の雑学

Copyright© ゆるコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.