健康の雑学

薬を飲む時の「食後」は食べてから何分後?

薬は飲むタイミングが色々とあります。

 

食前、食間、食後などさまざまです。

 

特に多いのが食後に服用する薬ですが、この「食後」とは食事をしてからどのくらいの時間をさすのでしょうか?

 

コラム君
よく病院にお世話になりますが、食後に服用の薬って多いですよね。食事後どのくらいの時間で飲めば良いの?

 

SPONSORED LINK

食後に服用の場合

食後の服用と聞くと、食事を終えた直後に薬を飲む人が多いですが、答えは「食後30分」です。

 

30分というのは、食べ物が消化される時間の目安です。

 

食事の後は胃の中に食べたものがあるので、胃への刺激が少なくなります。

 

主に食べ物と一緒のほうが吸収が良くなる薬や、空腹時に飲むと胃が荒れてしまう薬などは食後に飲みます。

 

食前に服用の場合

ちなみに食前食べる30分前くらいで、やはり食事の直前ではありません

 

薬を飲んでから30分後なら、成分の吸収も終わっているので、胃に食べ物が入っても薬の効果を阻害しません。

 

SPONSORED LINK

食間に服用の場合

薬を飲むタイミングにはもうひとつ「食間」というものがあります。

 

食事中に飲むと勘違いされやすいのですが、食間は「食事と食事のあいだ」という意味です。

隠れコラム「食事中と勘違いしちゃうよね。」

正確には食事が終わって2時間後です。

 

食間の服用を指定する薬は胃酸に弱いので、胃の消化・吸収活動が完全に終わり、胃酸の分泌が少ないときに飲むのが効果的なのです。

 

指定された薬の服用時間、服用方法は必ず守りましょう。

 

お茶とか牛乳で飲んじゃダメ・・・と。

 

吸収のし易さ、身体への負担、薬の血中濃度など研究された結果から導かれたものですので。

 

結論

食後は食事後30分
食前は食事前30分
食間は食事後2時間が目安

 

コラム君
しっかり守りましょうね!最後までお読みいただきありがとうございました。

-健康の雑学

© 2020 ゆるコラム Powered by AFFINGER5