アニメの雑学 ジブリの雑学

ナウシカのオームの鳴き声は布袋寅泰のギターだった

投稿日:

1984年に公開された宮崎駿監督のアニメ映画風の谷のナウシカ。

今でも繰り返し再放送されるほどの人気を誇り、宮崎アニメの原点ともいえる作品です。

 

そのアニメ作品に、実は意外な人物が参加していました。

それはミュージシャンの布袋寅泰が、オームの鳴き声を担当したと言うのですが、真相はどうなのでしょうか?


(オームちゃんカワイイね!)

SPONSORED LINK

ツイッターで布袋氏が暴露

コラム君
ど〜もコラム君です!布袋氏の独特の声がオームにピッタリだったんでしょうか?

 

この話はTwitterで布袋氏自らが告白した話です。

好きなジブリ作品は何か?と言う布袋ファンの問いかけに対し、ナウシカのオームの鳴き声は自分のギターだと打ち明けました。

 

隠れコラム「布袋氏自ら声を出したんじゃないのね(汗

なんでもナウシカで音楽を担当していた久石譲氏に呼ばれギターで鳴いてくれと頼まれたそうです。

 

BOOWYがまだヒットする前のお仕事

当時の布袋氏はと言うと、ロックバンドBOOWYのギタリストとして活躍していた頃です。

ただ、大ヒット曲のリリースはオームの仕事よりもう少し後でした。

 

なぜロックギタリストにアニメの鳴き声の仕事が舞い込んできたのか不思議ですが、当時のBOOWYの所属レコード会社が徳間ジャパンで、ナウシカの音楽も徳間から発売されていた縁で仕事の依頼があったといわれています。

SPONSORED LINK

結論

 

コラム君
僕もジブリ好きですが知らなかったです。最後までお読みいただきありがとうございました!

-アニメの雑学, ジブリの雑学

Copyright© ゆるコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.