生き物の雑学 魚の雑学

マグロの卵はメダカの卵よりも小さい?

更新日:

日本人が1番大好きな魚と言っても過言ではない「マグロ」ですが、そのマグロのについて知っている方はほんのわずかだと思います。

 

ほとんど流通していないマグロの卵ですが、なんと1粒の大きさはメダカの卵よりも小さいとのことです。

さて、どれくらい小さいのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

マグロの卵の秘密

コラム君
ど〜もコラム君です!マグロといえば大型のもので400kgを超えますが、その卵がメダカの卵より小さいってどういうこと?

 

マグロの卵なんて見たこと無いよ!と思っているそこのアナタ!

マグロの卵はほとんど流通されていません

 

食文化の観点から、需要があまり無いですし、釣り上げたマグロの鮮度を保つために内臓と一緒に船上で処分されることが多いようです。

 

マグロは卵がイクラのように大粒でなく、成熟した時でも粒の直径が1mm程度しかありません。

メダカの卵は約1.5mmですので、400kgを超える大きなマグロでも体長4cm程のメダカより小さな卵を産む事になります。

私の卵より1粒が小さいなんて・・・

ただし、マグロの卵は何十万個と大きな袋に入っていますし、クロマグロですと袋の大きさが長さ約80cm、太さが直径約15cm位になります。(個体差あり)

これを二袋持っており、色は薄い乳白色で楕円形のような形です。

隠れコラム「結構食べ応えありそうだ」

マグロの卵は食べられるの?

マグロの卵は食べることができます!

卵は塩焼きや煮付けにして食べます。

産卵前で成熟していない状態の卵が食用に適しています。

熟しきると粒が壊れてしまい料理できません(>_<)

隠れコラム「マグロって聞くとちょっとドキッとするよね」

SPONSORED LINK

結論

マグロの卵はメダカの卵より小さいが、数十万個も産む!

コラム君
1mmからスタートして400kgまで大きくなるマグロ。なんかロマンを感じます!最後までお読みいただきありがとうございました!

-生き物の雑学, 魚の雑学

Copyright© ゆるコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.