昆虫の雑学

2020/7/3

シロアリの寿命は50年以上?超長寿の昆虫のヒミツとは?

シロアリと聞くとマイホームを持つ方は嫌な気持ちになるかもしれません。   シロアリは木造住宅の敵なので、家が食べられるかもしれないと不安に思う方は多くいます。   一般的にシロアリは「害虫」のイメージですが、地球にとっては倒木や朽ち木を分解してくれる益虫なのです。   シロアリがいないと森の生態系が崩れてしまいます。   地球上で最も多く存在する昆虫とも言われているシロアリ、実は超長生きする昆虫でもあったのです。その秘密にせまります!   コラム君どーもコ ...

2020/6/26

ホタルは光っているのに熱くならないのはなぜか?

5月頃になると姿をあらわし始める蛍(ホタル)、夕方から夜にかけて黄色く光る姿は多くの人を魅了します。   そんなホタルですが、世界で約2000種、日本では約30種が発見されています。   日本で最も親しまれているのは、ゲンジボタルとヘイケボタルです。   両者とも、日本の各地で見られ、幼虫にも、さなぎにも発光器があります。   夜通し光っているホタルですが、体は熱くならないのでしょうか?   コラム君どーもコラム君です!毎年嫁の実家の山奥へホタルを見に行っ ...

2020/5/9

ミツバチの働きバチは1日に6時間しか働かない!

花から花へ、せっせと蜜や花粉を集めて巣に持ち帰り、すぐにまた蜜を集めにいくという、とても働きもののイメージがある働きバチ。   しかし、1日の労働時間は人間よりも少ない6時間とのことです。   いったいどういう事なのでしょうか?   コラム君ど〜もコラム君です!働きバチと言われるだけあって働き者のイメージですが、6時間だと少ないような気が…   働かない働きバチ? いつも忙しいイメージの働きバチも、実働時間は意外に短いです。   ミツバチは、時期や羽化して ...

2018/8/8

「蚊」って6本の針を使い分けてるって知ってた?

夏場に発生し、人間の血を吸いにくるとても厄介な昆虫の「蚊」ですが、蚊に刺された瞬間を察知できる人は少ないと思います。 医療現場に採用される程、蚊の口(刺針)は凄い作りになっていました!   蚊に刺された際、なぜ痛みを感じないのか? コラム君ど〜もコラム君です!蚊は人間を食べにくる数少ない昆虫の1つですよね。気付かない内に血を吸われる事も多いのですが、蚊の口ってどうなってるの?   蚊に刺されても気付かない理由、それは蚊の針のメカニズムにあります。 蚊の針は約80マイクロメートルの細さで ...

2018/8/4

無一文になった人はなぜ「オケラになった」というのか?

穴掘りが得意な昆虫「オケラ」(正式にはケラ) 昔はよく畑作業や庭いじりの時に土から現れたものですが、最近はあまりみなくなりましたね。   ところで、ギャンブルなどでお金をスった時になぜ「オケラになった」と言うのでしょうか? その理由はオケラの身体に秘密がありました。   オケラになった!の秘密 コラム君ど〜も、コラム君です!僕も小さい時にはよく畑でオケラを見つけていました!かわいいよね? ギャンブルなどでお金をすって、所持金が無くなった人のことを「オケラ」という理由、それはオケラを捕ま ...

2020/6/19

地球上のアリの総重量は、地球上の人間の総重量とほぼ同じ?

学校の校庭に、近所の公園に、あなたのお家の庭に・・・   いたるところに存在する「アリ」ですが、地球上のアリ全ての総重量がなんと、地球上の人間の総重量とほぼ同じだと言われています。   そんなアリについて今回はご紹介します。   アリは地球上に1京匹いる コラム君ど~も、コラム君です!ぼくもよく残したエサをアリに持っていかれるんですが、ものすごい数のアリが地球上に存在します。   イギリスの昆虫学者C・B・ウィリアムスによると、地球上に昆虫は約100京匹いるとのこと ...

© 2020 雑学ゆるコラム Powered by AFFINGER5