生活の雑学 食べ物の雑学

牛のフンの中にはバニラの香りが隠れている?

甘くて幸せな気持ちになる香りを発するバニラ

 

よくアイスクリームで香料として使われているのでバニラの香りを知らない人はほとんどいないと思います。

 

コラム君
どーもコラム君です!バニラアイスでおなじみ「バニラ」!小さくて黒いつぶつぶのイメージがあります。

 

バニラの香りの元ですが、ランの仲間のバニラの種が発酵した時に出来る「バニリン」という成分です。

 

バニラビーンズ。これが発酵すると良いニオイ!

 

実はこの「バニリン」という成分は牛のフンにも含まれているとの事なのですが、一体どういうことなのでしょうか?

 

牛が植物を食べるとバニリンができる?

天然のバニリンはとても高価なものですが、その成分が牛のフンにも含まれています。

 

牛は草を食べますが、草には「リグニン」という成分が含まれます(食物繊維)。

 

草を牛が食べると腸にいる菌の働きでリグニンがバニリンになり、フンとして排出されます。

 

ミルクとうんこがあればバニラアイスができるの?

 

牛のフンに水を加えて加熱するとバニリンが取り出せるのですが、コストがかかるので実際は牛のフンからバニリンは取り出されていません。

 

コラム君
牛のフンから出来た香料が使われてたら誰もバニラは買わないよね・・・

 

実際はバニラ以外の植物からとった「リグニン」を原料にして合成したバニリンが使われています。

 

もし牛のフンの匂いを嗅いだなら、バニラを感じてみてね!

隠れコラム「ソフトクリームって形は巻きぐそだし、匂いは牛のフンと共通部分あるし、なんか意識しちゃう」

結論

牛のフンは臭いが、ちょっとだけいいニオイがする。

 

コラム君
牛のうんこからバニラと同じ香りの成分を発見した人が凄い。もしかして人間のうんこにも何か・・・やめとこ。最後までお読みいただきありがとうございました!
参考香水にはオナラのにおいの成分が入っている!

デートで良い印象を与えるため、体臭をごまかすため、毎日つける香水を変えて気分をリフレッシュして…と、様々な使われ方をしている香水。   香水ってとても良い香りですが、実はオナラのにおいの成分 ...

続きを見る

-生活の雑学, 食べ物の雑学

© 2021 雑学ゆるコラム Powered by AFFINGER5